保育内容

ホーム>保育内容

保育内容について

花園保育園では、豊かな心を持つ子どもに育てることを目的とし、日常生活に必要な基本的生活習慣を身につけさせ、身近な自然や物に関わりながら興味や関心を持ち、考える力・感じる心を養います。また、お勉強やお遊びを通して自分から行動する気持ち、友達を大切にして仲良く遊べるよう社会性を身につけさせます。

保育理念

  1. 社会福祉法人花園福祉会の運営する保育園は、児童福祉法に基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行うが、保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重して児童の心身の健全な発達を平等に保障する。
  2. 家庭(父母)や、地域社会と連携を密にし、乳幼児の生活権、発達権を保障する。
  3. 集団による人間形成の場として個々の乳幼児の発達に即して、養護と教育とが一体となった保育で、豊かな人間性を育成する。
  4. 健康的かつ安全な生活を送れる環境を作り、命の大切さに目ざめ、人に対する愛情と信頼感を育む。
  5. なによりも元気さに明るさ楽しさを味わい、正しい心を培い、将来社会人としての人格、情操の基礎形成を行う。

保育方針

  • 生活習慣を身につけさせ、人間本来の常識を培う。
  • 集団生活を通し、規律と共に豊富な経験、体験を通して豊かな人間性を培う。
  • 多彩な行事、製作活動を通して、思考力、創造力を養う。
  • 常に感謝、奉仕、実行、努力、反省、工夫、笑顔、自律と思いやりの心情を培う。
  • 心身共に明朗、健康な人格性向をつくり出す。
  • 乳幼児の保育に関する要望や意見、相談に関わり、公的施設としての社会的責任を果たす。